クラウド開発

AWSが代表するパブリッククラウドサービスは、ITのイノベーション革命を起こしているのかもしれません。

かつてはITでイノベーションをしようとすると、サーバスペックの検討、サーバを設置するデータセンターの選定、サービスを開始するために必要なハードウェアの購入、データセンターやインターネット回線の申請など、費用がかかるだけでなく、時間も数ヶ月かかり、人手や各種専門知識も必要でした。

今ではAWSなら、検討を開始してからサービスを利用するまで1時間もあれば環境が整ってしまうほど手軽に、サービスをスタートできるようになりました。しかも、イノベーションのサービスがうまく立ち上がらなかった場合、今までは投資が必要だったハードウェアやデータセンター費用も節約できます。

また、ホスティングサービスを利用した場合のリスクとして、セキュリティ対策の不安があります。AWSやAzureならしっかりしたセキュリティ対策が施されており、利用者はその利便性を享受することができます。

クラウドコンピューティング環境はハードウェアや環境だけでなく、MicroServiceを活用したり、Restful APIを実装したりすることで、柔軟かつ拡張性の高いシステムを構築しやすくなります。かつてSOA(Service Oriented Architecture)がソフトウェア設計において流行していましたが、その思想を組んでクラウドコンピューティング時代にMicroServiceとして実用できるようになってきています。

また、クラウドコンピューティング環境によってビッグデータを取り扱うサービスが非常に容易に構築できるようになっています。noSQLデータベース(例えば、Casandraなど)やオンメモリデータストアを提供するredis、検索機能を提供するElastic Search、インデックス作成するLucenceなど、すべての機能はスケールアウトを前提にしており、そのスケールアウト機能はクラウド基盤によって簡単に利用できます。

まさに、クラウドサービスの普及によってITのグローバル化、ITの高付加価値化が低コストでその恩恵を享受できるようになり、IT革命を引き起こしていると言われています。

当社はいち早くAmazon社のAWS、Microsoft社のAzure、ここ2.3年ではGoogle社のGCPに関わるシステム開発をしてきました。当初はオンプレミスのシステムをクラウドに移行するだけのクラウド化でしたが、最近は「クラウドネイティブ(Cloud Native)」、つまりクラウド環境に特化して設計、開発したシステムが主流になり、わたしたちもそうしたシステムの設計から行うようになっています。

「クラウドネイティブ」な開発において、クラウド開発とオンプレミスの開発の根本的な違いが何かを理解し、各パブリッククラウドが提供する標準サービスとは何か、どのようなサードパーティのマイクロサービスが利用できるか、保守はどうのようにするか、スケールアウト計画をどのように考えるかなど、当社は様々なノウハウを有しております。小規模案件から大規模案件を数多く開発し、クラウド開発ならではの「マルチサイド開発」によって開発スピード、開発品質、開発コストの最大化を図ることができます。

オンプレミス開発がまだまだ主流である日本のITですが、クラウド開発が主流になる時代がすぐ目の前に迫ってきているかもしれません。

事業案内へ

Contact

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら